前へ
次へ

自己処理が原因の脇の黒ずみ解消効果にもなる脱毛

全身の体毛の中で最も処理率が高いのはワキですが、頻繁にカミソリシェービングをすると、肌にも良いことはありません。カミソリの刃は目には見えない傷をつけてしまい、それが完全に感知する前にまた、カミソリで剃ることを繰り返します。細かい傷がつくと炎症を起こして、自然治癒をしようと身体は頑張りますが、治りきる前にまた傷がつくことで慢性的な炎症は避けられません。炎症はやがて色素沈着をするので、これがわきの下の黒ずみの原因です。簡単だからと言ってずっとカミソリで脇のムダ毛処理をすると、色素沈着から解放されることはありません。解決の糸口になるのが脱毛であり、カミソリ処理とは異なる肌に優しい手段です。脱毛は表面の毛をカットするのではなく、成長をさせる毛乳頭などへのダメージなので、カミソリ処理の必要は無くなり黒ずみも解消してきます。

脱毛サロンの華やかな宣伝広告を見治費は無いほど、国内での脱毛ブームは衰える兆しがありません。一昔前の脱毛といえば、施術可能なエステサロンは一握りであり、しかも採用していたのはニードルです。現代ではニードルは永久脱毛の効果があることから、医療機関でしか認められていません。数十年前の日本を一世風靡していた、メインの脱毛方法にニードルは、激痛を麻酔無しで耐えるエステでの処理であり、施術後は皮膚が真っ赤に腫れあがりますし、費用面が驚くほど高額です。毛量にもよりますが両脇をニードルで処理するとなると、軽く50万円はかかりました。時代は変わりエステからはニードルが消えて、光脱毛がメインです。費用面も格安ですし、両方の脇だけだったらキャンペーンなどを利用すれば、数百円から数千円で完了できるため、お財布に大きな負担にはなりません。

Page Top